根管治療

根管治療とは

Root Canal Treatment

マイクロスコープで再発リスクの低い精密根管治療を

根管治療とは

根管治療とは、歯の神経をとることになってしまった歯に行う治療です。
この根管治療がきちんと行われているかどうかで、神経を失った歯の寿命が大きく左右されます。
当院では、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使用した精密根管治療で、正確で精密な根管治療を行い、神経を失った歯の寿命を最大限に伸ばせるよう、取り組んでいます。

Contents

歯の神経の痛みと治療法

Pain&Cure

歯は、エナメル質、象牙質、セメント質、歯髄で構成され、表面上見えている部分を歯冠、歯ぐきの下で見えていない部分を歯根と呼びます。
歯髄はいわゆる「歯の神経」と呼ばれている部分で、虫歯が進行すると歯髄壊死し、膿がたまった状態になります。
また、虫歯以外にも外傷などによって歯髄が壊死してしまう場合もあります。
どちらの場合でも自然治癒することはないため、放っておくと抜歯や外科的処置が必要になってしまいます。

根管治療のメカニズム

根管治療のメカニズム

根管治療は汚れた根管内をきれいにする治療です。
歯に穴を開け、ファイルと呼ばれる先の尖った金属を歯の中にいれ、歯髄の感染や壊死よる汚れを掻き出します。
きれいになったら消毒し、無菌状態の根管に根管充填剤という専用の充填剤を入れ、密閉し、かぶせ物を行います。
どのくらい汚れを残さず取れるか、無菌状態にできるかといったことが、治療の成功に繋がります。

抜髄

抜髄

虫歯で歯がズキズキ痛い状態を歯髄炎と言います。
歯髄炎は歯の神経にまで虫歯菌が感染してしまっている場合や、歯のかみ合わせが悪い(強い)場合や、知覚過敏が悪化して起こることもあります。
歯髄炎になってしまった場合には、虫歯を取り除くとともに、歯の神経を取ることになります。
これを抜髄と呼びます。
抜髄は、1本の歯に対して、1度しかすることのできない治療であり、ほぼ全ての根管治療のはじまりです。

根管治療を繰り返す原因の多くは、この抜髄時の治療が不十分であるためです。
根管治療は、何度も繰り返すうちに歯が弱くなり、最終的には歯の根が割れたり、膿によって歯の周りの骨を悪くしてしまい、治療が困難になるケースが非常に多くなっています。

感染根管治療

すでに抜髄されていて、根管治療がされている歯に対して行われる治療、もしくは、かみ合わせや知覚過敏の悪化によって神経が死んでしまい、根管内で腐ってしまっている場合に行われる治療を、感染根管治療と言います。
感染根管治療は、根管内で繁殖した細菌が、根の先端から歯を支えている歯槽骨の方にまで及んで、膿の袋を作っていたり、以前の治療で充填されたセメントを除去する必要があるため、抜髄に比べて治療の難易度が上がり、時間もかかります。
また、過去の治療中に折れたリーマー(根管内をきれいにする器具)が取り残されていたりすると、取り除く作業に時間がかかります。

当院の根管治療の特徴

Features

01

CTを併用した診断

レントゲン検査に加えて、CTによる3次元での画像診断を併用します。
CT画像では、2次元レントゲンでは確認することが難しかった、骨の密度や、神経や血管の位置も正確把握し、レントゲンでは見えずい根尖病巣(根の先端にできる膿の袋)を確認することもできます。

02

拡大して治療
(マイクロスコープ)

根管内は暗く、複雑な形態をしているため、はっきりと目視できていない状態で治療を行うと、感染物質の取り残しや、健康な歯根組織傷つけてしまうことがあります。
肉眼の8~25倍に拡大して患部を見ることのできるマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を用いることで、そのようなリスクを最小限に抑えることができます。

03

菌の混入を防ぐ
(ラバーダム)

口腔内にはたくさんの菌が存在します。
治療中の根管内に菌が侵入してしまうと無菌状態にならず、そのまま根管充填をしてしまうと再発リスクが高まります。
当院では、ラバーダム防湿という、薄いゴムのシートで治療部分を覆い、細菌が根管内に侵入するのを徹底的に防ぎます。
無菌状態で根管治療を終えることができれば、治療の成功率は90%まで高まり、再発リスクを大きく軽減することができます。

04

自費診療ならではの薬剤を使用

根管充填時に、MTAセメントという特殊な歯科用セメントを使用します。
強い殺菌性と組織親和性をもつため、状態の悪い根管でもMTAでの根管充填を行うことで延命できる可能性があります。
また、一般的には、抜髄となってしまう大きさの虫歯でも、感染してしまっている歯髄部分だけを一部取り除き、MTAセメントで保護することで、神経を残せる可能性もあります。

05

土台の違い

根管治療が終わると、歯根に土台を立てて、人工歯を被せます。
保険で使用される金属の土台は硬く、歯に過度な力が加わった際に金属が歯に食い込み、歯根破折を引き起こす原因なったり、金属から出る錆が根管内で広がり、歯を腐らせてしまうこともあります。
当院では歯と強度が似ていて、歯根に負担がかかりにくく、歯根破折のリスクを軽減することのできる、ファイバーコアという土台を使用しています。

保険と自費の根管治療の違い

Difference

保険と自費の根管治療の比較

 自費保険
治療回数1回~4回2回~8回
通院期間1日~2ヶ月1ヶ月~6ヶ月
治療の精密度★★★
マイクロスコープ25倍の拡大視野化での精密治療。
★☆☆
奥歯の根管内は歯科医師の手の感覚のみを頼りに治療。
治療の成功率★★★
痛みや病巣の原因を明確にし、治療できるため、治療の成功率も高い。
★★☆
感染根管治療では、痛みや病巣の原因を特定できず、根治することができない可能性がある。
治療後の再発率低い
再発率10%
治療後5年間治療対象の歯が生存できている可能性が90%というデータがある。
高い
再発率約70%
高い確率で根尖病巣を再発し、再度感染根管治療が必要になる。
使用機材
  • マイクロスコープ
  • CT画像診断(3D)
  • ニッケルチタンファイル
  • ラバーダム防湿
  • MTAセメント/li>
  • リーマー・ファイル(手作業で根管内を清掃)
  • レントゲン診断(2D)
費用自由診療のため、全額自己負担健康保険適応のため、1~3割負担

根管治療の治療期間の目安

保険診療の場合

保険診療で行う根管治療は、一回に確保できる治療時間が短く、また、根管内を目視で確認できず、手の感覚頼りで治療行うため、治療をスムーズ進めることが難しくなります。
そのため、治療回数が増え、治療期間が長引いてしまいます。
保険での根管治療は最低でも2回、感染根管治療では、根管内部の確認が肉眼では不可能なため、再発の原因となっている部分が特定できず、何度も通院が必要になり、数か月から半年以上、同じ歯の治療で通うようなケースもあります。

自費診療の場合

根管治療の治療期間の目安

自費診療の根管治療では、1回の治療時間を長く確保し、マイクロスコープで根管の状態を目視して治療を進めていくことができるため、早く、精密な治療ができます。
そのため、治療回数は少なく、治療期間も短く、予後の良い治療を行うことができます。
自費の根管治療は、はじめての根管治療(抜髄)であれば最短1回、再治療(感染根管治療)である感染根管治療でも3~4回で治療完了するケースがほとんどで、治療期間も1か月程度です。

根管治療の再発率

保険診療の場合

保険の根管治療の病巣再発率をご存じでしょうか?
保険で行う根管治療、特に感染根管治療では、5年以内になんらかの症状や根尖病巣を再発する可能性が70~80%と言われています。
つまり、根管治療を行っても、よほど運と条件が良くない限り、高い確率で再発してしまうのです。
保険診療での治療では、肉眼では歯の根の先端や、細かい根の分岐を確認することが不可能で、根管内の感染物質を完全に取り除くことが難しいからです。

自費診療の場合

根管治療の成功の鍵は、根管内の感染物質を確実に除去し、根管内に細菌を侵入させず、無菌の状態で根管内を密閉封鎖することです。
自費の根管治療では、治療中の患部をラバーダムで覆い、根管内への唾液や細菌の混入を防ぐラバーダム防湿を行います。
また、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使って、肉眼では見えない部分まで拡大しながら根管内の汚染物質を除去していくことができます。
根管を封鎖する際にも、ラバーダム防湿で無菌状態を維持しながら、MTAセメント等、密閉性の高い充填剤を使い、精密に密閉していきます。

実際に、マイクロスコープとラバーダム防湿を使った自費の根管治療は、5年生存率90%以上という成果が出ており、保険での根管治療と比較し、圧倒的に治療成果が高いことが証明されています。

根管治療の成功率

保険診療の場合

根管治療の成功率について、東京医科歯科大学が調査を行ったことがあります。
その結果によると、日本の保険治療レベルの根管治療の成功率は30~50%となっています。
しかし、この結果は全ての歯を対象とし、抜髄も感染根管治療も含めたものです。
前歯の単根(神経の管が1本しかない場合)と、大臼歯の複雑根管では、成功率は大きく異なり、実際に大臼歯の複雑根管の場合は、成功率が非常に低くなります。
また、抜髄時よりも、感染根治療時の方が、治療の難易度が上がり、成功率は低くなります。

自費診療の場合

根管治療の成功率

一方、海外の根管治療の成功率は70%~90%となっています。
この差は何かというと、欧米諸国での根管治療はマイクロスコープを使っての精密根管治療がスタンダードになっているためです。
当院の自費根管治療では、根管治療の成功率を最大限に高めるために、マイクロスコープ、ラバーダム防湿、CT画像診断、超弾性ニッケルチタンファイルの使用、MTAセメントなど、世界でも最高クラスの精密根管治療をご提供できる環境を整えております。

根管治療の治療内容

根管治療は、根管内をきれいに掃除し、消毒して、最終的に無菌状態の根管に、根管充填剤という専用の充填剤を使い、密閉する治療です。
根管治療で重要なポイントは、根管内の感染物質を確実に除去することと、根管内を無菌状態にし隙間なく密閉することです。

保険診療の場合

保険診療での根管治療では、暗く複雑な根管の中を目視で確認することが困難になります。そのため、根管内の清掃を歯科医師の手の感覚のみで手探りで行い、感染物質を取り残したり、汚れを取る針のような器具(ファイル)で根管内を傷つけてしまったり、最悪の場合、歯根に穴を開けてしまい、抜歯の原因となってしまうことがあります。
また、口腔内には無数の細菌が存在し、治療途中に唾液などに乗って根管内に侵入してしまいます。根管治療では、汚れを除去した後は無菌状態で充填剤で根管の蓋をしなければいけないのですが、保険診療では無菌状態にすることが難しく、このことが感染根管治療を引き起こしてしまいます。

自費診療の場合

根管治療の再発率

自費の根管治療では、根管内をマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使用し、最大20倍に拡大した状態で目視した状態で、神経や過去の充填剤、根が腐ってしまっている部分を丁寧に取り除いていきます。
また、治療途中でもラバーダムで患部を覆いながら治療を進めていきます。ラバーダムは、唾液が根管内に侵入してしまうのを防ぎ、根管内を無菌状態にするために欠かせないものです。
根管をきれいにした後には、ラバーダムで菌の侵入を防ぎ、無菌状態の根管内に精密に専用のセメントを充填していきます。この処置が、根管治療の成功に繋がります。

自費の精密根管治療をお勧めする理由

Reason for
Recommendation

歯を残せる可能性を考えた治療

歯を残せる可能性を考えた治療

根管治療は歯の寿命に大きく関わる治療法です。
何度も再発し、感染根管治療を繰り返していると、歯根の壁がどんどん薄くなり、かみ合わせの力に耐えられなくなり歯が割れてしまうリスクが高まります。また、根管内で増殖した細菌が、歯を支えている歯槽骨にまで及ぶと、再度根管治療を行っても骨を再生出来なくなってしまいます。
最終的には抜歯となり、歯を失ってしまうことになります。

近年、歯の残存率と寿命には大きな関係があることが分かっています。ご自身の歯でしっかり噛めることが、体にとって良い影響を与えるのです。
そのためにも、ご自身の歯をできるだけ残すことが大切になってきます。

歯の寿命を延ばすためにも、当院では再発リスクを最小限に抑えた、自費による精密根管治療をおすすめしています。

また、他院で根管治療中に「抜歯」と言われている歯でも、当院の自費精密根管治療であれば、歯を残せる可能性があります。ご相談ください。

根管治療が難しい理由

Reasons Difficult

根管治療は、歯科治療の中でも難しい治療の一つです。特に、臼歯部(奥歯)の複雑根管や、根尖病巣が大きな感染根管治療は難易度が高く、治療期間が長引いたり、治療後に痛みや違和感が残ってしまうケースもあります。

根管治療の成功と失敗

根管治療は何をもって「成功」というのでしょうか?
明確な基準はありませんが、多くは数年以内に根尖病巣(根の先端に膿がたまる)ができないことや、痛み、違和感などの症状の喪失を成功の目安としています。

一方「失敗」というのは、こちらも明確な基準はありませんが、痛みや違和感などの症状がなくならない、もしくは数年以内に、痛みや違和感が再発してしまうこと。数年以内に根尖病巣ができてしまい、また膿が溜まってしまうことなどがあげられます。
神経を失った歯は、とても弱くなっているため、根管治療自体は成功したとしても、その後歯にかかる力(噛み癖・歯ぎしり・くいしばりなど)の影響で、歯根が折れてしまい、抜歯となってしまう可能性もあります。

治療後の引かない痛み

治療後の引かない痛み

根管治療を行ったのに、痛みがひかない原因はいくつかあります。
その中でも多いのが、根管内に細かいひびがあるが気が付かずにそのままになっている。肉眼で確認できていない細い根管があり、根管治療ができていない。根管内に虫歯、汚染物質を取り残しているなどです。

これらは根管内を目視できていない場合や、CT等でレントゲンで撮影できない部分まで審査・診断できていない場合に起こってしまいます。治療している歯の状態を的確に判断できていないまま治療を終えてしまうと、痛みがとれないというケースに繋がってしまいます。
また、感染根管で、根尖病巣が大きくなってしまっているケースだと、歯を支えている歯槽骨にまで感染が及び、痛みや違和感が引くのに時間がかかることがあります。

自費根管治療のメリットデメリット

Merit Demerit

セラミック治療は審美性が高く、身体にも優しい治療方法ですので、ほとんどの方におすすめできる治療方法ですがデメリットも存在します。どのようなデメリットがあるのかをご理解いただき、治療のご選択をしていただければと思います。

自費根管治療のメリット

  • 歯を残せる可能性が高くなる
  • 自費ならではの薬剤を使用できる
  • CTで立体的に根管内を把握できる
  • 肉眼で見えない部分まで把握できる
  • 治療の精度が高い

自費根管治療のデメリット

  • 保険適用外となり費用がかかる

自費の根管治療の流れ

Flow

  • 1

    初診

    問診、各種検査(レントゲン・CT・口腔内診査・基本検査)を行い、検査結果を基に治療計画の立案とお見積もりのご提案をさせて頂きます。

    問診
    ご記入いただいた問診票を基に、ご要望をお聞きいたします。気になっている点や行いたい治療など、なんでもご相談ください。
    各種検査
    検査を通し、現在の口腔内の状況把握を行います。歯ぐきの炎症の有無や、ご希望の治療の前に行われなければならない処置などを判断していきます。
    治療計画
    患者様のご希望と、現在の口腔内の状況から、どんな治療をどのくらいで行いのか、通院期間や通院回数はどのくらいになるのかなど詳しい治療計画をお話いたします。
    お見積もり
    実際に治療に必要となる費用をご提示させていただきますので、一度ご自宅にお持ち帰り頂き、ご検討していただければと思います。
    当院では患者様がご納得いたうえで治療を開始することを大切にしております。患者様がご納得されていない、ご不安点を抱えていらっしゃる状態で治療を進めることはございませんのでご安心ください。
  • 2

    治療開始(2回目の通院)

    治療開始(2回目の通院)

    治療のお申し出を頂きましたら、2回目以降の通院時に治療を開始いたします。
    麻酔を行い、虫歯部分削り、神経を除去していきます。感染根管の場合は、元々詰められていた根管充填剤を取り除きます。
    根管内の清掃を行い、歯に蓋をします。
    基本的には1~2回の通院内での処置で終わりますが、症状によってはもう少しかかる場合もあります。

  • 3

    根管内を密閉封鎖(3回目以降の通院)

    根管内の汚れが除去出来たら、根管内に薬剤を入れ、消毒、殺菌を行います。無菌状態になったら、根管充填剤にて根管内を密閉封鎖します。

  • 4

    型取り(4回目以降の通院)

    型取り(4回目以降の通院)

    当院でクラウン治療を行う場合は、仮歯を作成し、クラウンの型取りを行います。

  • 5

    クラウンの装着(5回目以降の通院)

    クラウンの装着(5回目以降の通院)

    型採りから2週間前後でクラウンを装着し、治療終了となります。

根管治療のQ&A

Question&Answer

保険診療でもマイクロスコープは使用しますか?

基本的に、マイクロスコープは自費診療で使用いたしますが、場合によっては歯科医師の判断で使用する場合もございます。
患者様からのご希望でマイクロスコープを使用する場合は自費診療での対応となります。ご了承ください。

根管治療の料金

Price

当院の根管治療にかかる費用の目安は44,000円~となっております。詳しくは料金ページをご確認ください。

秋葉原駅徒歩1分の歯医者

歯科&矯正歯科
オーラルデザインクリニック
秋葉原

当院は完全予約制です
ご来院前のご予約を
お願いいたします

秋葉原の周辺地域にお住いの方で歯のことでお困りでしたら、秋葉原駅より徒歩1分の歯医者【歯科&矯正歯科オーラルデザインクリニック秋葉原】にお気軽にご相談ください。

24時間ご予約受付 WEB予約