歯周病治療

歯周病治療について

Periodontal Disease

歯石や歯垢を除去し、健康的な口腔内へ

歯周病治療について

歯ぐきから出血している、歯肉がブヨブヨしている、歯がぐらぐらしているといった症状はありませんか?
それは歯ぐきが炎症を起こしている証拠です。
歯周病治療は、歯ぐきの炎症の原因である歯石や歯垢をしっかりと除去し、歯ぐきを健康的に保つ治療です。
歯周病は放置していても自然治癒する病気ではありません。静かに進行し、最終的には歯を抜かなければならないようになってしまいます。

Contents

歯周病とは

Periodontal Disease

歯周病は、誰でも発症する可能性のある病気です

歯周病とは、歯周病菌が原因となり引き起こされる感染症であり、その発症には、生活習慣が大きく影響する生活習慣病でもあります。

歯周病は、歯が植わっている歯槽骨という骨を溶かしてしまう病気で、進行すると、最終的には歯槽骨が歯を支えきれなくなり、歯が抜けることになってしまいます。
歯周病は、SilentDisease(静かなる病気)とも言われ、初期段階ではほとんど自覚症状がなく、気が付いた時には重症化していて、抜歯を余儀なくされるケースも多々あります。

歯周病菌は、ほとんどの人のお口の中に常に存在する「常在菌」であるため、歯磨き不足や、生活習慣の乱れで、誰にでも発症する可能性のある病気です。
さらに、歯周病は、糖尿病、脳血管疾患、心臓病などの全身疾患にも大きく影響を及ぼす病気であることが、近年の研究で明らかになっています。

歯周病を、発症させない、進行を抑制していくことは、自分の歯を残すためにも、全身の健康維持にも、非常に重要な役割を果たします。

歯周病はなぜ起こるのか

Cause

歯周病の原因

歯周病は歯周病菌によって引き起こされます。
歯周病菌はお口の中に常にいる「常在菌」ですので、誰でもいつ発症してもおかしくない病気です。

磨き残しのプラーク(歯垢)の中には何億という生きた細菌が含まれおり、プラーク(歯垢)は歯肉の炎症の原因になります。
歯肉が炎症を起こし、歯肉炎になると、歯茎から出血するようになります。
歯周病菌は血液中に含まれるたんぱく質と、鉄分を栄養として増殖します。そのため、歯肉炎が起こり、歯茎からの出血が始まると、常在菌である歯周病菌が急激に増殖をはじめ、歯周病を発症するのです。

歯周病を放置すると起こること

歯周病は症状を感じにくく、本人が気が付かない間に静かに進行していく病気です。
そのため、放置しているつもりはなくても、いつの間にか進行し、痛みや腫れ等の症状で、本人が気が付いた時には重度の歯周炎になってしまっているケースが多くあります。
歯周病は進行すると、口臭がひどくなり、歯茎に膿がたまり、歯の痛みやぐらつきで噛めないなどの症状が出てきます。
また、歯周病はお口の中の症状だけではなく、全身の健康にも大きな影響を及ぼします。

歯周病が引き起こす全身疾患

歯周病が引き起こす全身疾患

歯周病は全身の病気の発症、進行にも大きく関与していることがわかっています。
歯周病を発症した歯茎は、常に炎症していて、歯茎の内面は傷つき、潰瘍化している状態です。歯周病菌だらけの歯肉内部(歯周ポケット)では、傷ついた毛細血管から細菌が侵入し、血管を通じて全身に流れていきます。
歯周病菌は、血管内で増殖し血管を詰まらせて動脈硬化の原因となったり、脳卒中を引き起こします。心臓の弁で歯周病菌が繁殖すると、感染性心内膜炎を引き起こします。

また、糖尿病と歯周病とは特に深く関係しており、歯周病で常に歯茎の炎症が続いていると、炎症細胞であるサイトカインの分泌が続き、インスリンの働きを悪くし、糖尿病を誘発したり、進行させたりします。
その他にも、誤嚥性肺炎や、早産低体重児のリスクや、近年では認知症の発症にも歯周病菌が関与しているという研究も進んでおり、歯周病と全身疾患の関係は大きな注目を集めています。

軽度歯周病から重度歯周病

Type

健康な歯茎

健康な歯肉は、血色の良い薄ピンク色で、硬く引き締まっています。
健康な歯茎は、はりや弾力がしっかりとあり、歯茎の表面に「スティップリング」と言う不規則な多数の小窩(ブツブツ)が見られます。

歯肉炎

歯周病は、誰でも発症する可能性のある病気です

歯肉炎は、歯茎が炎症を起こし、歯肉が赤く腫れたり、歯磨きで出血したりする状態です。
歯肉炎では、まだ歯周ポケットは形成されておらず、歯を支えている歯槽骨にも影響のない段階です。

歯肉炎の対処方法

数日間、丁寧に歯磨きを続けたり、歯周病用の歯磨き粉を使っていると症状が消失していくことがあります。
ですが、症状がなくなったからと言って安心せずに、歯科医院を受診してしっかりとした歯周病治療を受けておくことがおすすめです。歯肉炎の段階でしっかりとしたメンテナンス習慣をつけておけば、今後、歯周病を発症せずに済む可能性があります。

軽度歯周病

歯周病は、誰でも発症する可能性のある病気です

歯肉炎が進行し、歯茎以外の歯周組織(歯槽骨・歯根膜・セメント質)に影響が及んでくると、歯周病が発症したと診断されます。
歯肉炎のときと同じく、歯肉が赤くはれたり、歯磨きでの出血がある他に、歯茎が少し下がったり、痩せたように感じたりと、自覚症状に気が付く方もいますが、痛みがなく、まだ食事などに支障がないため、全く気がついていない方も多くいます。
軽度の歯周病では、歯根の周りにある歯根膜の破壊が始まり、歯周ポケットが部分的に発生(4ミリ程度)し、歯槽骨が少し溶かされている状態です。
歯周ポケット内に、縁下歯石という歯周病の原因となる歯石がついている可能性もあります。

軽度歯周病の対処方法

歯周病の治療(検査・歯石の除去)を行い、歯磨きの仕方や、生活習慣の見直しを行って、これ以上歯周病が進行しないようにコントロールしていくことが必要です。
軽度の歯周病であれば、適切なセルフメンテナンスと、定期的な歯科医院でのメンテナンスで、歯周病の進行を抑制することができます。

中度歯周病

歯周病は、誰でも発症する可能性のある病気です

中度歯周病にまで進行してくると、歯茎が下がり、歯と歯の間が広くなり、ものがはさまりやすくなるため、症状を自覚する方も増えてきます。
中程度歯周病では、歯周ポケットが全体的に4ミリ以上になり、悪い部分では5~6ミリの歯周ポケットが形成されます。歯根膜の破壊が進み、歯槽骨が溶かされ、レントゲンでもはっきりと歯周病が進行していることが確認できます。

中度歯周病の対処方法

歯周病の治療(検査・歯石の除去)を行い、歯磨きの仕方や、生活習慣の見直しが必要です。歯周ポケット内の縁下歯石などの汚れを除去する歯周病治療も行っていく必要があります。
歯槽骨の欠損状態によっては、歯周外科治療や歯周組織再生療法などを併用する場合もあります。

重度歯周病

歯周病は、誰でも発症する可能性のある病気です

重度歯周病にまで進行すると、歯周ポケットは6ミリ以上になり、歯がぐらぐらする、歯茎から膿が出るなどの自覚症状が出てきます。
しかし、重度に歯周炎が進行していても、痛みが出ないこともあるのが歯周病の恐ろしいところです。

重度歯周病の対処方法

基本的な歯周病治療だけでは状況が改善しない可能性が高く、歯周外科治療や、歯周組織再生療法を併用します。
場合によっては、歯を接着剤で固定したり、歯周補綴を行います。重度歯周病で、歯槽骨がほとんど溶かされてしまっているような状況では、抜歯を余儀なくされることもあります。

浸襲性歯周炎

侵襲性歯周炎とは、歯周病菌の中でもA.a菌とよばれる悪性の高い菌が原因で引き起こされる歯周病です。
10代後半~20代の若年層で発症しやすく、発症後は短期間で重症化してしまうという特徴があります。
侵襲性歯周炎は、進行速度が早く、歯槽骨の吸収が急激に進むため、発症初期から積極的な治療を行っていくことが重要です。

インプラント周囲炎

インプラントの周辺に限局して起こる歯周炎です。
インプラントは虫歯になることは絶対にありませんが、歯周病にはなってしまうことがあります。
インプラント周囲炎になってしまうと、最悪の場合、インプラントも自分の歯と同じように、歯周病で失ってしまうことになります。インプラント治療後は、適切なメンテナンスを行い、インプラント周囲炎の予防に努めましょう。

保険診療と自由診療の歯周病治療の違い

Difference

保険適応の歯周病治療は、健康保険のルールに沿って行う必要があるため、治療回数が多く、治療が長期間どうしてもになってしまいます。
一方、自費診療での歯周病治療は、患者様一人一人のご都合や、歯周病の進行具合に応じて、常に最適な治療を、必要最小限の回数で行うことができます。

治療回数の違い

保険診療の場合

保険診療での歯周病治療には細かい保険上のルールが定められているため、歯肉炎の場合、歯石除去を行うだけでも最低2回は通院が必要です。
さらに、進行した歯周病の治療では、検査から基本的な治療だけで10回以上の通院が必要になってしうこともあります。

自費診療の場合

自費診療での歯周病治療では、保険診療のような規定がないため、患者様の状況に合わせて治療を進めていくことができます。
歯石除去だけであれば1回、進行した歯周病の治療でも最短1回の通院で完了することができます。

治療内容の違い

保険診療の場合

保険診療で行う歯周病治療は、治療期間や治療内容にも制限があり、誰にでも同じような画一的な治療内容になってしまいます。
また、必ず歯周外科治療が必要なケースでも、一旦保険で決められた歯周基本治療を完了させなくてはならないというルールがあるため、外科治療を始められるまでに数か月以上かかってしまいます。

自費診療の場合

治療内容の違い

自費診療での歯周病治療は、患者様一人一人の歯周病の進行具合や状況に合わせて様々な治療方法を併用することができます。そのため、保険上のルールに縛られることなく、患者様の状況に合わせて必要な時に必要な処置を、最新の技術や歯科材料を使って最適に行っていくことができるため、歯周病治療でより有効な成果を期待することができます。

中程度の歯周病のケース
自由診療と保険診療の比較

 自由診療保険診療
通院回数最短1回
(平均3~4回)
  • 検査診断:1回
  • 全ての歯石除去:2回(上下分割)
  • 再検査:1回
10回以上
  • 検査診断:1回
  • 歯茎の上の歯石除去:2回(上下分割)
  • 歯茎の下の歯石除去:6回(6分割)
  • 再検査:1回
通院期間最短1日
(平均1~2ヶ月)
2か月以上
週に1回ペースで3か月
2週に1回ペースで半年程
高度な治療歯周内科治療や、最新の歯周組織再生療法など、高度な技術を取り入れた歯周病治療が可能。保険では使用できる歯科材料が限られているため、最低限の治療歯科受けることができない。
精密な治療1回の治療時間を長くとり、拡大ルーペや、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使用して、精密な治療が可能。1回の治療時間が短いため、精密な治療を行うことが難しい。
治療の
独自性
一人一人のお口の中の状況や、ご要望に合わせた治療が可能。保険のルールに合わせて治療を進めなくてならないため、誰にでも同じような治療内容。
治療成果最新の技術、歯科材料を使用して一人一人に最適な治療を行うことができるため治療成果が出やすい。治療が長期間になるため、一度治療した部分への歯周病菌の再感染が起こりやすく、高い治療成果を出すのが難しい。

当院の歯周病治療の特徴

Features

01

1回で全顎の治療を行う

当院では、通常10回以上かかる歯周基本治療を最短1回の通院で完了することができます。

02

短期間で集中的に治療を行う

当院の歯周病治療は、治療開始前にしっかりと治療計画と治療のゴールを設定し、短期間で集中的に治療を行っていきます。いつまでも終わらない歯周病治療ではありません。

03

FMDが行える

忙しく、歯周病治療に何度も通うのが難しい方、とにかく早く歯周病の治療を終わらせたい方、再感染リスクを抑えて、より効果的に歯周病治療を行いたい方には短期集中歯周病治療(FMD)がお勧めです。 静脈内鎮静法(点滴麻酔)下で治療を行うので、眠っている間に痛みや不快感なく治療を行えます。

短期集中歯周病治療(FMD)

1回でお口の中全体の歯周病基本治療を行うFMD(Full Mouth Disinfection)といいます。
歯周病は、歯周組織が歯周病菌に感染することによって発症します。短期集中歯周病治療(FMD)では、お口の中全ての歯周ポケット内の歯石除去を1回で行います。
全ての歯へ一気に歯周病治療を行うことによって、歯周病治療を複数回に分けた場合と比較し、未処置部位からの歯周病菌の再感染リスクを抑えることができます。

歯周病治療の流れ

Flow

  • 1

    初診

    初診

    問診、各種検査(レントゲン・CT・口腔内診査・基本検査など)を行います。
    検査結果を元に、診断、カウンセリングを行い、治療計画の立案、お見積もりのご提案を致します。十分にご理解いただき、ご納得いただけましてから治療を開始いたします。

    レントゲン・CT
    歯槽骨の状態を確認します。
    口腔内検査
    口腔内に歯周病の原因となる不良補綴物や、かみ合わせの悪い部分がないか確認します。
    基本検査
    歯と歯茎の隙間、歯周ポケットを測定し歯周病の進行度合いを確認します。
  • 2

    治療開始

    歯周病治療開始

    拡大ルーペや、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使用し、丁寧に歯周ポケット内の歯石を除去していきます。
    歯石が大量についている場合や、歯周病が進行している場合には、歯石除去に痛みを伴う可能性があります。必要に応じて局所麻酔を行います。また、短期集中治療で1回の治療時間が長くなる場合や、痛みに弱い方、歯科恐怖症や嘔吐反射の強い方には、点滴麻酔(静脈内鎮静法)の併用をおすすめしています。

    1回の治療時間
    治療内容に応じて1時間~4時間程度です。
    細菌検査
    歯周病が中程度以上に進行している場合には、細菌検査を行います。
    歯磨きが不十分な場合
    歯磨きの仕方をチェックし、磨き方をお伝えします。
  • 3

    再検査

    歯周ポケット内の歯石除去後、2週間~4週間後に再検査を行い、歯周病の改善状況を確認します。
    改善が見られない場合
    基本治療のみで改善が見られない場合には、歯周外科治療や歯周組織再生療法のご案内をさせていただきます。
    改善が見られる場合
    歯周病が改善している場合には、今後のメンテナンス計画についてご相談させていただきます。

歯周病にならないために

Prevention

歯周病予防の重要性

歯周病は、歯を失う原因になるだけではなく、全身の健康にも大きな影響を及ぼします。
歯周病菌は感染症であり、ほとんどの人がすでに感染しているため、誰にでも発症する可能性がありますが、発症、及びその後の進行は、その人の生活習慣に大きく影響を受ける生活習慣病でもあります。

そして、歯周病は一度発症し、進行してしまうと、完治させるということが非常に難しい病気です。
歯周病は、発症させないこと、発症してしまった場合には、進行を抑制することが大切になってきます。

歯周病予防のためにできること

歯周病予防のためにできること

歯周病予防のためには、自分での歯磨きによるセルフケアと、歯科医院で行うプロフェッショナルケアを適切に行っていくことが必要です。定期的に歯科医院でのクリーニングを受け、自分でのケアが難しい部分にもしっかりとアプローチすることで、歯周病を予防していきましょう。

また、歯周病のリスクファクターとなる喫煙をやめることや、清掃不良の原因となる銀歯などの古いかぶせ物をプラークのつきにくいセラミックに変える、かみ合わせの悪い部分を調整するなどの歯科治療も歯周病予防に有効です。

歯周病治療の料金

Price

当院の歯周病治療にかかる費用の目安は11,000円~となっております。詳しくは料金ページをご確認ください。

秋葉原駅徒歩1分の歯医者

歯科&矯正歯科
オーラルデザインクリニック
秋葉原

当院は完全予約制です
ご来院前のご予約を
お願いいたします

秋葉原の周辺地域にお住いの方で歯のことでお困りでしたら、秋葉原駅より徒歩1分の歯医者【歯科&矯正歯科オーラルデザインクリニック秋葉原】にお気軽にご相談ください。

24時間ご予約受付 WEB予約