セラミック

悲惨なセラミック矯正を行わないために

セラミック矯正

セラミック矯正の真実

「セラミック矯正 失敗」「セラミック矯正 おすすめしない」といった情報が近年多くなってきています。
かつてセラミック矯正はあまりメジャーな治療ではなく、行なっていた歯科医院も限られていたため、丁寧にしっかりと治療を進めることができましたが、近年では多くの歯科医院がセラミック矯正を行うようになってきました。
そのため、技術の未熟な状態でのセラミック矯正も増えてきてしまっているのです。

悲惨なセラミック矯正:歯の神経(根管治療)

悲惨なセラミック矯正の1つに、残せるはずの神経を全て取られてしまうということがあります。
セラミック矯正はご自身の歯を削ってその上にセラミックのかぶせ物を行う治療のため、歯の傾きなどによっては神経を残したままでは治療が進まないことがあります。
そのため、治療の過程で神経を残せないことは間々あります。
しかしながら、粗雑な歯科医院の場合、技術的には残せるものの、残さない方が治療が楽に進められるために全てとってしまう選択をするところもあります。

神経をとってしまうデメリットの一つに、神経の治療が完全でなく感染根管を引き起こしてしまうということがあります。
歯の神経は暗く、肉眼では確認するのが難しい物になります。
そのため、多くの歯科医院では歯科医師の指の感覚だけで治療を進めるしかなく、神経を取り残してしまうのです。
取り残した神経は感染を起こし、せっかく装着したセラミッククラウンも全て取り外し、再度作り治しになってしまいます。

当院では根管治療には肉眼の約20倍まで拡大して患部を見ることのできるマイクロスコープを使用し、しっかりと確認しながら治療を進めることができるため、精密な根管治療を行うことができます。

悲惨なセラミック矯正:虫歯ができてしまう

悲惨なセラミック治療の2つ目は、セラミックのかぶせ物がご自身の歯と段差なく合っておらず、隙間から虫歯になってしまうことです。
セラミッククラウンを行えば虫歯にならないということはありません。
ご自身の歯の上にかぶせている訳なので、歯は残った状態です。
そのため、かぶせ物と歯の重なっている部分に隙間ができてしまうと虫歯になってしまうことがあります。
そうなると再び歯を削る治療をする必要が発生してしまいます。

当院では歯とセラミッククラウンの整合性がよくなるように、シリコン印象という印象材を使用して型取りを行い、グループ内に併設されている歯科技工所で歯科技工士が一つ一つ手作業で技巧物を作成しているため、なセラミッククラウンを作成することが可能となっています。

セラミック矯正は悪いものではありません

セラミック矯正は、神経を残す判断、噛み合わせの調整、人工歯(技工物)の仕上がり具合によっては、決して悪い治療ではありません。
当院ではセラミック矯正を行う場合、できるだけ歯の神経を残せる治療を目標にしています。
そのため、神経を抜かなくて済むよう、ワイヤー矯正で少し歯を動かしてからセラミック矯正で最終的に整えていくといった複合的なセラミック矯正も行なっていますので、ぜひ一度ご相談ください。

【監修】歯科医師 院長 五十嵐隆泰

日本大学歯学部卒業
jiadsペリオコース受講|石井歯内療法研修会受講|ICLSコース受講|ストローマンベーシックコース受講|インビザライン導入コース受講

人気記事

治療別

最新記事

記事更新

執筆者

秋葉原駅徒歩1分の歯医者

歯科&矯正歯科
オーラルデザインクリニック
秋葉原

当院は完全予約制です
ご来院前のご予約を
お願いいたします

秋葉原の周辺地域にお住いの方で歯のことでお困りでしたら、秋葉原駅より徒歩1分の歯医者【歯科&矯正歯科オーラルデザインクリニック秋葉原】にお気軽にご相談ください。

24時間ご予約受付 WEB予約